2013年07月08日

労働集約型のお仕事です

建築業は労働集約型の

仕事の典型だ

職人さんが

1人のお客様の為に

個々に労力を提供し

賃金をいただく

その中でもリフォームは

ハウスメーカーの新築などより

遥かに労働集約型だ

1つ1つが、違うため

それに合わせてカスタムする

資本集約型にするのは難しい

名前の由来を調べていて

昔は、棟梁と左官と右官(大工)

がチームで建築をしていたと有った

棟梁は、今で言うところのマネージャー

野球では監督

チームが勝つも負けるも監督に

負うところが大きいのと同じく

建築でも、良い物が出来るのも

出来ないのも、棟梁に負うところが

大きいはず

勿論、1人1人の技量が同じとすればだが・・・

もし、技量が劣っていたとしても

前向きなチームでは

個人の技量も日々成長する可能性が高い

他業界では有るが

過去に仕事で

多くのチームを

育ててきた

この経験は

きっと、建築業界でも

活かせるはず!

1つ残念なのは

労働集約型は儲かりにくい

ということだ・・・

良いチーム作り+αが必要だ
























posted by トヨさん at 22:14 | Comment(0) | アイデンティティ