2013年07月17日

リフォーム お客様と設計と現場

お客様が

ここにTVを置くんです

ここに、本棚を置くんです

そんな話が有ったあと

現場から

”壁面に補強を入れといた方が良いですね

壁掛けにされる場合に対応できる様に”

と提案が有った

素晴らしい!

お客様の希望

それを、現実の物にするのが

自分たちの役割

また、お客様の希望を

プロとして、補完し

よりよい方向へ導くことも

自分たちの役割

補完のレベルが高ければ

よりプロとして付加価値が高い


設計の役割は・・・

お客様の希望と予算を聞き

それを現実の物へと変換する

辞書?通訳?プログラム?

の代わりが、設計

ポジションは違っても

方向は同じ

お客様の希望や夢を実現する事

補完のレベルが高ければ

よりプロとして付加価値が高い


どんなに大きな建物や

芸術性の高い建物でも

その基本は同じ

必ず、お客様が存在し

望むものが有るのだ・・・


各ポジションが連携し

お客様の希望や夢を実現する事

ここに齟齬が生じるのは

お金の問題も有るが

その根本は、コミュニケーションの

問題にある様に思う

現場内と同じように

現場と営業や設計などの現場外とも

お互いに信頼し合える事が必要

そして、情報の共有が必要

お客様に選ばれるチームになる

設計や営業に選ばれるチームになる

そんな現場作りを目指す!



















posted by トヨさん at 07:03 | Comment(0) | プロダクション