2013年07月18日

定価と時価

お客様の視点に立って

考えた・・・

家を建てたい、リフォームしたい

そんな時まず思うこと

ハードルになる事


お寿司屋さん

時価のお寿司屋さんは敷居が高い

自分のような庶民感覚の人間には

入りづらい

一体いくらになるのか?

お財布の中身が足りるのか!?

それに引き換え、回転寿司

1皿いくらと明瞭会計の定価制

圧倒的に入りやすい

安心感が有る

何皿までなら食べられる・・・OK


建築業の場合

お客様の希望をお聞きして

見積もりを作成する

”この内容ならこの金額です”

これは時価だ・・・

昔ながらの家づくりは

オーダーメイド=時価の世界

これだと、自分のような庶民は

希望を話して、見積りを

作ってもらう事に対しても

すでに気後れしてしまう

建築業でも定価を持つことは

時代の要請だ

勿論、定価&標準が有って

そこをベースに、希望に合わせ

カスタマイズする

しかし、何も土台がないのとは

安心感が、天と地だ

オーダーメイドと言っても

実際には、慣れた工手と材料

大体パターンは決まっているのだ

それを標準化する事を

サボっているだけ!?

かもしれない・・・

サボっていては

時代に取り残される

お客様の視点に立って

考える事が大切だと痛感!











posted by トヨさん at 21:13 | Comment(0) | アイデンティティ

広い、深い、難しい、だから面白い

先日の話

業界の先輩と話をしていたら

意外な言葉を聞いた

”自分は、トップを走る

建築士にはなれない”

”自分の道を行く”

学生の頃、スポーツや勉強で味わった

あの感覚が蘇ってきた

スポーツならインターハイ?

勉強なら東大?

確かに無理かもしれない

才能や環境+αが必要な世界

さらに、個人の努力だけではダメ

集団の力を必要とする世界

”自分の道を行く”

そこが問題だ!





















posted by トヨさん at 07:10 | Comment(0) | アイデンティティ