2014年08月23日

パワーストーンブレス作り



頼まれた

パワーストーンの

ブレスを作った 

DSC01209.JPG

石にはそれぞれ意味が有り

力が違うので

持つ人の事が良くわからないと

作れない  ヽ(´o`;

DSC01208.JPG

男性用なので

色使いも気にしつつ

水晶を基本に

アマゾナイト

琥珀

アベンチュリン

の組合わせ

この石選びに時間がかかる  ||´Д`)o


石が決まれば後は簡単

DSC01212.JPG

透明のゴムに通すだけ

ゴムも以前は写真手前の

単線だったが

最近では写真奥の

複線が売っている

この複線なかなかの優れモノ (^O^)

使っているとゴムは切れるが

複線だと一度に全部は

切れないので

替え時がわかる

DSC01214.JPG

最後に結び目をボンドで

接着したら完成・・・

ではなくて

ここでもうひと手間


浄化


気持ちの問題ですが・・・


お線香の煙で浄化し

神棚へお祭りします

やり方は色々有ります (^O^)


石好きは20年ぐらい前から

何げに

お土産に石を買った所から?

以前は家族で

水晶や翡翠などを

よく取りに行った

滋賀県や岐阜県の山や

富山県の海岸など・・・

宝探しは楽しいですよ (^O^)



パワーの方はそれぞれの

想いも有るので断言は出来ないが

信じる者は救われる (^O^)

そんな風に思います

マイナス思考より

プラス思考が

好きです (^O^)






posted by トヨさん at 17:42 | Comment(0) | プロダクション

2014年08月21日

録音ブース ルームチューニング2



ヤバイ  ○゚д゚)・・・

発見・・・これだわ!


両サイドの壁に

ウレタンスポンジの吸音材

ソネックスUNXを置いてみたら

音が激変した!!


最初は、スピーカーの背面に配置

DSC01206.JPG

すると、全体に響きが減って

音がマットになった

音の違いは認識できるのだが

それが本当に良い音なのか?

判断できない


右の壁にはギターの録音時に置いた

吸音材がそのまま置いてある

DSC01204.JPG

そして左の壁にも吸音材を置く

DSC01205.JPG

ワオ〜 低音が一気に出てきた

左右の壁に鏡を置いて

リスニングポイントから

鏡にスピーカーが映る位置に

吸音材を置くと

1次反射が抑えられて

音の改善になるそうだが・・・


見事に本当です (^O^)


しかしルームチューニング

恐るべし!!

ここまで音が変わりますか!?

何十年も、音楽を楽しんできたが

今まで何をしてたんでしょうね・・・ ´Д`)


パワーアンプのみ

イコライザーで音をいじれないのが

良かったのかもです


DTMのモニター環境づくりを目指して

チューニングを始めたが

音楽を聴くのにも良いですね

デッドにしすぎると宜しくないようですが


モニター環境に近づくと言うことは

その曲をミックスしたり、マスタリングした

エンジニアが聞いた音に近づく事

考えてみれば良い音になるはず!?


良い音かどうかは別にしても

製作者が意図した音で聞くことにはなる


一番手っ取り早いのはリスニングポイント

つまり耳の高さを全部デッドにする事だそうだが

1次反射を抑えるだけでこれだけ音が

変わるとは・・・

恐れ入りました (*_*)

ウレタン吸音材を増やして

もう少しチューニングを続けてみよう  (^O^)


どれだけ良いスピーカーを使っても

どれだけ良いアンプを使っても

どれだけ防音をして大きな音を出しても

ルームチューニングをしないと

音同士が打ち消し合い

本来の実力が出せない  o(゚Д゚)

ちっさくてチープなNS10でも

しっかりルームチューニングすれば

こんなに良い音がだせるのだから

高級機材で

しっかりしたルームチューニングすれば・・・


想像しただけでも凄そうですね  (^O^)


posted by トヨさん at 10:13 | Comment(0) | 録音

2014年08月19日

ギタースピーカーキャビネット 低音の体感!



ひょっとした事から

キャビネットの

重低音を体感した

DSC01203.JPG

先日録音テストをしたまま

横着をして、キャビネットの向きを変えず

スピーカーは壁の方を向いたまま

キャビネットが後ろを向いた状態で

ギターを弾いていた

壁に置いた吸音材がどれぐらい

効果が有るのかを

知りたいのも有った

吸音材の効果は凄い  v^0^v

ソネックスのUNX2なかなか強力です

そのままギターを弾いていたのだが

ミュートを利用したリフを弾くと

重低音がズンズン体に来る  Σ(゚д゚)

オ〜オ〜

キャビネットの録音方法でも

そう言えば裏面にマイクを立てる方法が

紹介されているが・・・

今まで試した事は無かった

裏面からの重低音を体感することが

無かったから

対して変わらないでしょ?

そう思い込んでいたのだ

これはエライ事ですね・・・

2本のマイキングにして

裏面の重低音を録り

フロントのマイクの音と混ぜれば

音の迫力や音の厚み立体感が出るはず

まだ何か物足りないな〜

そう思っていたが

その悩みが解消しそうだ (^O^)





posted by トヨさん at 08:22 | Comment(0) | ギターレヴュー