2014年08月09日

録音ブース 音が良くなった理由

ブース内に設置した

モニターの音が抜群に良くなった

何時間でも聞いていたい感じだ  ^O^)

更にもっと良くならないかな〜

そこで、ノート正面に据えた

大型のモニターを移動してみることに

DSC01120.JPG
DSC01121.JPG

おお〜  Σ(゚д゚ll

更に1枚薄い皮がめくれた!

正面奥に更にハッキリとちいさいおじさんが現れた!

スピーカーの音は後ろの壁に反射して

その反射の状況が音質に大きく影響するそうだが

・・・・本当だ!!

たまたま屋根裏部屋なので

天井が三角

しかたなしに、壁から離れて

スピーカーを設置

壁からの空間や斜めの天井のせいで

フラッターエコーが発生しにくいのも

功をそうしたようだ


正直心配していたのだが・・・

工事途中のグラスウールむき出し状態から

仕上げの珪藻土とOSBを貼ってから

エコーが随分と増えたので  ´Д`)


エコーにはどうも

良いエコーと悪いエコーが有るようだ

より良い材質から生まれるエコーは良いエコーとなり

ペラペラの悪い材質なら悪いエコーになるらしい

ギターキャビネット作りで

パインの無垢材の音がお気に入りだったので

床はパインの無垢のフローリングを選んで正解!?

壁や天井も何重にも素材を重ね

仕上げを行ったので

それらの影響も大きいのかもしれない

このエコー=響きの差が

スタジオやホールの差になる

吸音材でガチガチに吸音するだけが

良いのではないようだ

より良い響きの材?

好みの響きの材?

を選べばどんどん音は良くなるって  Σ(゚д゚ll

部屋作りも楽器や

キャビネットづくりと同じジャン Σ(゚д゚ll


キャビネット同様に

実際に録音を繰り返しながら

音を確認しつつ

しっかりチューニング

吸音材施工をする必要がある事を実感  (^-^)/


もうひと手間

DSC01125.JPG

スピーカーの下にウレタンのシート

低音が、さらにハッキリとした

この低音、高さ8cmの座布団をのけて

床に直接座るだけで

量感が相当に変わる

座布団を敷いた状態では

ツイーターが耳の高さだが

のけるとウーハーが耳の正面になる

あとは、振動の問題かも?

マイクセッティング時は

この振動を想定して

スタンド下に、ウレタンシートを

設置しないとまずいかもしれない  (^-^)/

posted by トヨさん at 11:32 | Comment(0) | 録音