2016年09月04日

ギターレヴュー『HISTORY HSB-STD』



HSB.png

History HBS-STD
<spec>
トップ:スプルース単板
サイド:メイプル合板
バック:メイプル合板
ネック:マホガニー
指板:ローズウッド
ブリッジ:ローズウッド
ナット幅:41mm
スケール:628mm
弦高:可変式
島村楽器History


月並みですが・・・

ブルージーサウンドです! (^o^)/


どうも納得のいく音がしないな〜

これはダメかも?失敗したと思って

諦めかけていたのですが・・・


弦高を少し下げただけで (^o^)/

激変してしまいました


納得のサウンドになりました (^o^)/


SM57で録ったサウンドサンプルです

サウンドサンプル『History HBS-STD 』
all production 音道楽


Fホールを狙ったり

色々してみたのですが

けっきょく20F付近を狙って

録った音が一番でした



箱鳴りは半端では有りません

特に低音弦を弾くとボディやネックが

ドワンドワンと揺れる?そんな感覚です


HISTORYのh-75pwも箱鳴りが

凄いのですがこのモデルは

もっと凄いです

ピックで弾くよりはやっぱり

指弾き?が相性が良い?


EJ21.png

今回はダダリオのニッケルワウンドEJ21

を使いましたが・・・

ブロンズ弦だとさらにブルージー




ネックはUシェイプで太すぎず細すぎず


ショートスケールでしかも

弦高を下げたことでテンションが低めになり

ハイフレットが弾きやすい!!


バレーコードが弾きやすい!!





肝心の歌との相性はどうでしょうか!?


改めて録音テストしてみます   (^o^)/

posted by トヨさん at 16:54 | Comment(0) | ギターレヴュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: