2014年08月11日

録音ブース 録音テスト2



今日もブースにて

仮歌の録音を行った

マイクは、ALFAMODE CM-1

DSC01156.JPG

こいつは中々厄介なマイク

ただでさえ気難しいコンデンサーマイク

その中でも更に厄介な、チューブコンデンサー

そして、電気が100Vではない (^O^)

その為昇圧トランスが必要

DSC01151.JPG

そして、チューブの入った電源ユニット

DSC01152.JPG

おかげでブースの外がえらい混雑状態に

なってしまった

DSC01153.JPG

感度もすこぶる良いので

イヤフォンから漏れる音を拾うため

ソニーからJVにチェンジ

漏れが少なくなったので

ノイズが減った

音はソニーが好みなのだが

いかんせん密閉度が低い(私の使っているものが)

DSC01157.JPG

準備万端で録音

ムムム  ’◇’)

イヤフォンからのモニター音が良いぞ

早速、スピーカーでも確認しなおす

強い!!

これはいいですね〜 

曲にベストマッチだ (^O^)

曲が結構な爆音系

しかしバックの音に全く負けない

だから、強い!

爆音系にはこのマイクしかないな  v(=^0^=)v

ブルーのマイクはR&B系などの

もう少し大人な曲向きかな・・・

そうそう

チューブマイクはケーブルも普通のものと違うのです

汗だくで  ´Д`;)

マイクケーブルの引き込みをしたのは

言うまでもありません

手間はかかるが

音は文句がないので・・・我慢

真空管を変えれば違う音も楽しめる  v(=^0^=)v

なかなかに楽しいオモチャです



録音ブースの弱点を発見  ´Д`゚)゚

ブースの真下の部屋が寝室なのだが

嫁が一言

結構音が聞こえる!

エッ〜おかしい

自分でも確かめたし

TVも小さい音でみんな見てるし・・・

どこから?


外から!

??


判った

恐れていた事が・・・

換気扇のダクトからだ!!

DSC01158.JPG
DSC01159.JPG

ブースを作る際

換気扇を付けるかどうか迷った

中々に防音がムヅカしくなるからだ

防音ベンドキャップを奮発して買った

普通のベェンドキャップの10倍位

高かったのに

やっぱり効果はないようだ

見るからに無さそうだったが・・・ ´Д`)

我が家は田舎で西隣にしか家がない

その家も、10M以上離れている

音の漏れているのは東側

隣までは、家をはさんで30Mは有るか?

今まで散々大きな音をならしても

家族以外、隣近所からの苦情はない

ただし

街の方で録音ブースを計画中の人は

換気扇は要注意

たまたま、今回の部屋は窓がフィックス

ハメ殺しだったので換気ができない

仕方なく、換気扇をつけたが

屋根裏部屋でなく

普通の部屋なら換気扇なしで大丈夫

ドアの開け閉めで十分換気できます


換気扇には注意です  (゚Д゚)ノ 


今後、使用中は換気扇に

防音カバーをつけて音漏れ対策

部屋を使っていない間に換気する事に

しかし、色々と出てきますね 

1つ1つが経験です

問題対応も楽しいものです  ^O^)

posted by トヨさん at 21:19 | Comment(0) | 録音

録音ブース 録音テスト開始



吸音材チューニングの前に

現状での音の状況も把握しておきたい

そう思って早速録音開始

ちょうど以前から

録りたいと思っていた曲が有ったので

その曲の仮歌の録音でテスト

まずはお手軽にダイナミックマイク

ど定番シュアーのSM57と

ちょっと珍しい?ローランドDR22
DSC01148.JPG

DAWはソナーX3

仮歌を、どんどん何テイクでも

1つのトラックで取れるので便利です

昔々のWindowsでも使えた頃の

ロジックを長年愛用していたので

最新のDAWを使うと

浦島太郎!?状態ですね  +o+)

本当に便利になってます・・・

そして、コンデンサーマイク

ブルーのベビーボトル
DSC01146.JPG

コンデンサーマイクは湿気を非常に嫌うので

こんなケースに、乾燥剤を散々入れて保管

シケっちゃうとまともに録れなくなります  ´Д`)

中々に面倒な奴なんですね

そしてセッテングでも

DSC01150.JPG

ポップガードが必須!

非常に敏感なので息での吹かれが入ってしまうんです

ブレスは全然OKです

入っている方が生々しい

しかし吹かれは入っているともうダメ

編集でも、手の施しようがないので注意

歌うときにも注意が必要です


譜面台も中々成功ですね

DSC01149.JPG

高さが変えられるのがキモです

歌いながら見るには

結構高いほうが良いです

顔が下に向かないので

録り音に影響が出ない

顔の向き一つで音は変わります・・・ハイ


予想外はマウスが動かし辛い  ´Д`)

これはマウスパッドで解決しそうです



ダイナミックマイクのSM57は

歯切れの良い音だ

DR22はそれをもう少し太くした

ボーカルとしては気持ち良い音だ

ベビーボトルはさすがのコンデンサー

CDの音に近い

ただマイクとの距離の関係か?

少々ダイレクト感が少かったので

調整が必要だ

後2本、コンデンサーを録音し

それぞれの組み合わせも検討

最終のマイク決めを行う


そう・・録音もブース作り同様に

やりだすと切りがない世界なのです (^O^)


ブース内の問題を1つ発見

小さな音でモニターしていると

エコー勝ち?になるようだ

やっぱりもう少し吸音は必要そうですね







posted by トヨさん at 09:07 | Comment(0) | 録音

2014年08月10日

録音ブース ルームチューニング第1弾



ルームチューニングの第1弾

カーテンチューニングを開始 


カーテンをオーダーすると高い ´Д`)

そこで何か手はないかと考え

自分で作ることに

ヤフオクでハギレ屋本舗さんを発見

遮光カーテンなどの高性能なカーテン生地が

安く買える ^O^)/

早速注文



ミシンは借りてきた
DSC01142.JPG

採寸、裁断して縫製

最初は良くわからなかったので

何かモワモワのクチャクチャだったが

何とか要領が分かってきた


糸巻きのテンションが不足していた


カーテンレールはやめて

ハトメで固定することに
DSC01144.JPG

フック代わりに

壁と同色のビスを利用した
DSC01145.JPG

窓に設置するとこんな感じに

光は入らず夜の状態
DSC01140.JPG

開けるとお昼の状態
DSC01131.JPG

防音&吸音効果と断熱効果が期待できる (^O^)


もう一つ

室外への音漏れ対策

前室の入口にもカーテンチューニング
DSC01134.JPG

DSC01138.JPG

3階の録音ブースから

1階に降りてみると妙に静か

小さな音でテレビを見ている!?


以前は、2階で音楽を楽しんでいて

1階のリビングに降りていくと

物凄い音でテレビが鳴っていた


聞こえないからだ  ヽ`Д´)ノ


違和感の原因はこれか

効果を実感!

家族に迷惑が掛からないようになった  ≧∀≦)

音漏れはゼロではないが

かなり小さくなったようだ

よかった   ´▽`)


カーテンチューニング

ここまで来たらもうひと頑張り

入口の内側にも暖簾をつけよう


窓に取り付けたカーテンで

室内の反響がかなり

抑えらてれいるのが判ったからだ



入口側と窓側の壁は

モニタースピーカーの1次反射の場所

ここの反響を抑え吸音するのは

チューニングのキモ


ハギレを使えば安くて

効率の良いチューニングが出来ます (^O^)


posted by トヨさん at 10:08 | Comment(0) | 録音