2016年10月12日

SIGMA DM1ST レヴュー


sigma-1.png



SIGMA DM1ST

SPEC
Top Solid Sitka Spruce
Back&Side Mahogany
Neck Mahogany
Nut Bone
Saddle Bone
Fingerboad Indian Rosewood
Scale Length 25.4”(645mm)
Neck 42.9mm




ボディ形状はドレッドですが

サイズはoooサイズで小ぶりです


写真だけではわかりませんね  ヽ(^o^)


こんなサイズや形のギターあるんですね!



しかしこのギター・・・

何て気持ち良い音がするんでしょう!

そして爆音です ヽ(^o^)


定番SM57で録った
プロセッシングなしの
素の音を聞いて下さい

吸音された環境で15F付近を狙って
約20センチ離して録音しました


サウンドサンプル『SIGMA DM1ST』
all production 音道楽



小ぶりボディなので低音は少ないのか?

だから・・・キレキレでクランキーな

気持ち良い音がするのかもしれません!


そしてガツンとくるタイプです

洗練された都会の音ではなくて・・・

ガッツりガツンとくる骨太な音です


同じスプルーストップ

サイド&バックがマホガニーの

sad1000は洗練された都会の

ちょい悪オヤジ風 ヽ(^o^)


yd75は田舎の青年風 ヽ(^o^)



そしてこのDM1STは・・・

ボクサー?

小柄だけど軽快で力強い?

体育会系って事ですね  ヽ(^o^)




Youtubeのギター紹介サイトで絶賛していた
意味が良く分かりました


このサイトではフィンガーピッキングが

似合うと言ってましたが・・・  


ストローク系でしょう ヽ(^o^)



ネックは少し太めのU型

弾きにくくは有りません


本当に良いギターです


ただ我が家に来たDM1STくんは

かなり痛めつけられてました

これから少しずつ・・・


メンテして行こうと思います  ヽ(^o^)


sigma-2.png



sigma-3.png






posted by トヨさん at 06:20 | Comment(0) | ギターレヴュー

2016年10月10日

照明の当て方


照明1.png



三灯照明で撮影した写真です・・・


いかがでしょうか!?



照明の当て方で動画の印象が

随分と変わってしまいます  


今迄は何となくでやっていました (^o^)/



比較がないと較べられませんね

そこでこの間のジェームス君撮影時の

写真です・・・


heaven-3.png



どちらもフォトショップで触ってません


三灯照明は・・・

メインのキーライトと

反対側から当てるフィルライト

そしてバックライトの3つ



今迄はフィルライトの位置が

間違ってました・・・(ノ_-。)



フィルライトはキーライトの

影を薄める役割だそうです


何か気になってたんですよ・・・

ストロークした時メチャクチャ影が

動いて目障りだったんです (ノ_-。)



基本の位置はキーライトの反対側

角度は浅めだそうです (*^▽^*)


そしてバックライト兼トップライト

あんまり考えもせずにLEDライトを

つけていたのですが・・・


今回はちょっと整えて見ました (*^▽^*)

するとシルエットがハッキリクッキリです!


何だか・・・

コンサートでスポットライトをあびているような?

後光がさしているような?



照明3.png



三投プラスαですが・・・

アイライトをつけました

以前から顔の周りが

うすぼんやりしているのが

気になっていたのです


小さなライトですが中々効果的ですね (*^▽^*)



照明4.png




自分で言うのもなんですが・・・

確かに目がキラン!として

活き活きして見えますね (*^▽^*)


今回はキーライトが100Wで

フィルライトが60Wですが

コントラストを弱めたければ

ワット数を下げて調整したり


影の具合をフィルライトの位置で

調整したり・・・


まだまだ微調整は必要ですが

何とか基本は出来たかな!?


次の動画撮影が楽しみです  ヽ(^o^)



posted by トヨさん at 18:11 | Comment(0) | プロダクション

草原のマルコ 弾き語り JAMES JF600VN


草原のマルコ-2.png




ジェームス君の優しい音色を聞いていたら

あの曲を録ってみたいと思いました・・・


宮崎駿監督の原点!?

母を訪ねて3000里の”草原のマルコ”を

歌って見ました  ヽ(^o^)



『草原のマルコ 弾き語り JAMES JF600VN 』
 all production 音道楽


歌はシュアーSM57を使いました

ステッドマンでは渋くなりすぎ?

オーディオテクニカではキラキラすぎ?

オーディックスのD‐2も57と音は似てるのですが

やっぱり今時?のマイクの音がします・・・


57って柔らかい音なんですよね ヽ(^o^)


あと結構当たり前に大切な事に気づきました!


歌いやすいかどうか・・・


Tears in heavenでは渋いステッドマンが

抜群に歌いやすかったのです


草原のマルコではSM57が

歌いやすかったのです・・・


音に勝手に体が反応するんですね ヽ(^o^)


前は声とギターの音の相性が大切だと

思ってましたが・・・


同じ人間が同じギターで歌って

曲によって

歌いやすいマイクが違うっていう事は・・・



曲とギターとマイクの相性が

大切なんですね  ヽ(^o^)



ギターも少し柔らかい音が欲しくて

ブルーのべビーボトルで録りました





posted by トヨさん at 06:14 | Comment(0) |